14KGFとアーティスティックワイヤーの違い

天使のさざれでは

14KGF(14金ゴールドフィルド)ワイヤー、

SV925F(シルバー925フィルド)ワイヤー、

アーティスティックワイヤー、

の3種類でイヤークリップを製作しています。


同じ太さの型番でも、アーティスティックワイヤーと比べますと14KGF、SV925Fの方が若干色が薄く、細く、硬く張りがあります。


14KGF、SV925Fは中心は真鍮線で、真鍮の周りに通常のメッキの20~30倍の厚さで14金またはシルバー925が圧着されています。 通常のメッキは半年~1年ほどで摩耗してしまいますが フィルド加工は金・銀の層が厚いのでほとんど剥げてくることはありません。 そして、通常の金製品、銀製品と同じように取り扱うことができます。 変色した場合は、クリーナーを使って変色部分を落としたり磨くことで 本来の輝きと色がよみがえります。


アーティスティックワイヤーは中心が銅線、または真鍮線で 表面をメッキした上にエナメル層でコーティングされています。 エナメル層があることで変色を防ぐことができ、金属アレルギーを予防することもできます。 しかし、 エナメル層が剥がれてしまいますと変色しますし 一度変色してしまうと、元に戻すことができません。 もし研磨剤入りの物で磨いてしまいますとエナメル層がポロポロと剥がれます。

上の写真はアーティスティックワイヤーで作り、私が1年半使用したイヤークリップです。

耳に当たる所やワイヤーが擦れる所が変色しています。変色はしていますが、耳に隠れたり裏側ですので目立つほどではございません。※試作品ですので販売しているものとは形が異なります。


イヤークリップは長く使って頂くなら14KGF、SV925Fがオススメですが、アーティスティックワイヤーの方が柔らかくやさしい付け心地、そして安価になります。 アンティークカラーのアーティスティックワイヤーはもともとが濃いお色ですので変色してもほとんど目立ちません。


お品選びの参考にしてただければ幸いです。


天使のさざれ リミ

天然石とワイヤーで天使の羽デザインのジュエリー、アクセサリーを製作しています。  I'm making the jewelry of angel wings shape with wire and natural stones.